代替的大陸

だいたいてきたいりく。Alternative continent(オルタナティブ コンティネント)

しのびよる残業代ゼロの現実

4月3日に残業代ゼロ法案が閣議決定されました。対象は、年収が1075万円以上の人で特定の高度専門職に限るとされています。 

労働時間でなく成果で…労基法改正案を閣議決定

ただ、将来的には、この法案が拡大されて、すべての年収と職種に拡大されるのではないかとという懸念がある訳です。 

与党は、新しい働き方というあいかわらずの導入意図を語り、野党は、過労死につながりかねないと批判しています。 

経済団体は、今の段階で、対象拡大をほのめかしており、やはり、支払う賃金を抑制したいという意図が見えるわけです。 

賃金アップを要求する政府が、経済界からの要望に乗ってしまったかたちになるんだろうと思いますが、なんか、アレッと疑問に思うわけであります。 

アベノミクスで、成長戦略、この道しかないと言ってるわけですから、労働者の賃金も増え続けることが前提にならないとおかしいわけです。 

だから、今回の残業ゼロ法案は、成長戦略が失敗したことを想定しているようにも思えました。その時の布石というか。

成長して利益も増えるから働いただけ賃金も払おうと。これが、アベノミクスにあった考え方だと思います。賃金をあげて労働者のモチベーションもあげる。これが正しい成長戦略ではないでしょうか。