代替的大陸

だいたいてきたいりく。Alternative continent(オルタナティブ コンティネント)

生活の基本の延長線上にあるライフスタイルとしてのブロガー

生活の基本は掃除をしたり料理をしたり片づけをしたりすることなんですよね。その上で好きなことをしたりする。 

社会の仕組み上、収入がないと暮らせないから、普通は働かなくてはいけない。これは労働に近いことだ。それとは別に仕事ということがある。

河合隼雄氏は労働と仕事を分けている。

人間の生涯と仕事という考え方に立つと、生涯設計のなかに、自分の仕事を「いかにつくり出すかという課題が含まれていることに気づく。

与えられたものとして職業につくというよりは、職業を含め遊びや、その他の人生の課題などをすべて考慮にいれて、自分にふさわしい仕事をつくり出していかねばならない。「日本文化のゆくえ」p89 

日本文化のゆくえ

日本文化のゆくえ

 

  

ブログが仕事でもいいんだけど、生活の基本を外れてまでブログにプライオリティを置いてはいけない。自我意識が拡大しすぎるからだ。 

クリシュナムルティは何よりも自我意識の拡大に警笛を鳴らしている。 

何かになろうとする欲望、それを求める努力、競争心ーこの精神の働きの全体が自我である。こうした精神の働きは、自己を他社から分離し自分自身を隔離する「自我の終焉」p97

自我の終焉―絶対自由への道

自我の終焉―絶対自由への道

 

 

アフィリエイトなど労働に近い場合は、ブログにプライオリティを置かなくてはいけない場合もあるだろう。

得てして、プロブロガーはブロガーという皮を被りつつも、その実、アフィリエイターだったりするからだ。 

通常のブロガーは、生活の基本の延長線上にブログがあるのだろう。

それがライフスタイルとしてのブロガーではないだろうか。

(この記事は5分で書かれました。)