代替的大陸

だいたいてきたいりく。Alternative continent(オルタナティブ コンティネント)

その先の情報を知ってると幾らでも騙すことができる (情報-試論)

あるいはその先の情報を知っているものがいるとその他のものが欺かれる状況が継続的に生み出される。

 

jp.reuters.com

 

例えば雇用者統計のサプライズを知ってるものは、よりポイントを上げるため、そのサプライズが発表される前に、それを知らないものに、ウリを入れさせる判断をする状況を演出するかもしれない。

相場が弱いとか、頭打ちとか。そうした状況を判断してウリを入れる。それがワナだ。

 

あるいは、そうした状況が、それを知るものがいることによってつくりだされるということがあるかもしれない。

 

それを知ってるものがいたんだろうという言い方もできる。

だから、システムにそれ情報を知るものがいる場合、推測に基づいた投機は無意味である。システムについてあれこれ語るのも無意味である。

情報を知るものに制御されている。ワーテルローの戦いですね。

 

彼らや私たちは、すっかり騙されたという言い方ができるかもしれない。

これに対抗するためには、投機ではなく、中長期にどうなるかという視点に基づいて動くしかない。

  

だから情報イコール力でありそれが権力であり、トップシークレットなのである。

畢竟、秘すれば花。